ペイントホームズ
鳥栖店

外壁塗装の質感魅力!5分艶塗料の特徴と選び方

外壁塗装において、建物の美観を左右する重要な要素の一つが塗料の質感です。中でも、5分艶塗料は特有の特徴が注目されています。

まず、塗料の質感は艶の度合いによって大きく分けられます。艶があると光を反射し、美しい仕上がりになりますが、一方で艶のないマットな質感も洗練された雰囲気を醸し出します。

 

塗料の反射率により、艶の種類が異なります。高い反射率は光を正反射させ、建物を輝かせます。反対に低い反射率は光を乱反射させ、眩しさを抑えます。外壁塗料には艶あり、7分艶、5分艶、3分艶、艶消しの5つの種類があり、艶消し剤を使用して調整されます。

5分艶は半艶とも呼ばれ、光沢が少なく艶が控えめです。油性の半艶塗料は、艶消し剤を使用していない場合があり、耐久性が低くならないためおすすめです。ただし、外壁に付きやすい汚れが気になる場合や、耐候性が重要な場合は、艶ありもしくは7分艶を検討することも重要です。

 

適切な質感の塗料を選ぶことで、外壁塗装の美観を保ちながら、耐久性も向上させることができます。建物の雰囲気や環境に合わせて検討し、専門家のアドバイスも受けながら理想の外観を実現しましょう。