塗装工事で使用される塗料には大きく分けると2種類あります。

「水性塗料」「溶剤塗料(油性塗料)」です。

「水性塗料」と「溶剤塗料」の特徴の違いで分かり易いのは臭いです。

その理由として、水性塗料の主成分が水で作られているのに対し、溶剤塗料の主成分がウレタンシンナー、エポキシシンナーなどといった独特のシンナー臭がするものだからです。

塗料は【顔料】【樹脂】【添加物】【溶媒】からできており、【溶媒】にあたるのが「水性塗料」と「溶剤塗料」です。

水性塗料と溶剤塗料その他の特徴についてみてみましょう。

|水性塗料                |溶剤塗料

価格:溶剤より安い             価格:水性より高い

臭い:弱い                臭い:強い

人や環境への影響:少ない         人や環境への影響:強い

乾燥:乾燥しにくい             乾燥:乾燥が早い

保管:簡単                保管:注意が必要

耐久性:溶剤よりもやや劣る         耐久性:水性よりも高い

まとめ

塗装工事で使用する塗料として、「水性塗料」と「溶剤塗料」のどちらが優れているという決定的な理由はありません。

最近では、臭いの特徴以外に「水性塗料」と「溶剤塗料」の差がほとんどなくなってきていますが、例えば環境や周りへの影響を考慮して「水性塗料」、機能性を重視して「溶剤塗料」という選び方をするのも一つです。