塗装工事は建物を保護し美しさを保つ上で重要な作業です。その中で、適切な塗料の選定は特に重要です。今回は、塗料選びの2つの重要なコツについてお伝えします。

1. 塗料の耐久性を考慮する

外壁塗装用の塗料にはさまざまな種類があり、そのグレードによって耐用年数が異なります。耐用年数の違いは、次回の塗り替えサイクルを考慮する際に重要なポイントとなります。メンテナンスサイクルを長くすることで、コストと手間を節約できます。

【一般的な耐久性の順位】

フッ素(15~20年)>ラジカル(12~15年)>シリコン(10~12年)>ウレタン(7~10年)>アクリル(5~8年)

2. 予算に合わせて塗料を選ぶ

予算は塗装工事において一番気になる部分かもしれません。塗料は種類やグレードによって価格が異なり、グレードが高いほど価格も高くなり、耐用年数が長くなります。逆に低価格な塗料は初期の費用を節約できますが、耐用年数が短いため、次回の塗り替えが早まります。

これらの2つのポイントから分かるように、塗料選びは将来のメンテナンスやコストに大きな影響を与えます。次回の塗り替えサイクルを考慮し、建物に適した耐久性と予算に合った塗料を選ぶことが外壁塗装の成功に繋がります。建物の美観と耐久性を両立させるため、慎重な検討が必要です。