外壁を保護する塗料には色んな種類があり、それぞれ特徴や耐久性が違ってきます。

特殊な効果を持っている塗料も存在しますが今回はよく耳にする代表的な塗料を1つずつご紹介していきます。

  • *アクリル塗料→
  • 耐久年数が3~5年ほどの1番低い塗料で現代ではDIYや室内塗装、家具などの塗装で使われています。カラーバリエーションが豊富なことが特徴的で、外壁塗装に使われていたこともありますが防水効果がないことから今では外壁に使用されることはなくなりました。
  • *ウレタン塗料→
  • 耐久年数は5~7年ほどの塗料でアクリル塗料と比べて耐久年数が高いものになります。艶の維持力があり様々な素材に適していることから外壁や付帯部分の塗装などに選ばれやすいものになります。
  • *シリコン塗料→
  • 耐久年数は8~10年ほどでコストパフォーマンスに優れている塗料として現在人気の塗料になります。耐久性が高くひび割れしにくい効果を兼ね備えています。
  • *フッ素塗料→
  • 耐久年数は15~20年年ほどあり耐久性が最も高い塗料になります。防汚効果があり傷にも強く長期間外壁を守る力があります。主にビルやマンションなどの大型物件に使用されやすい塗料になります。

今回塗料の種類と特徴についてご紹介していきました。

耐久性が高い分金額も上がりますが住宅の健康状態を維持するために質の良い塗料をお勧めします。