外壁塗装で綺麗になった住宅を出来るだけ長持ちさせたいという方は沢山いらっしゃるかと思います。塗膜を状態良く維持することで劣化を抑える効果も現れ住宅の健康状態を守ることが可能です。今回、塗膜を長持ちさせるための方法をご紹介していきたいと思います。

【外壁の汚れを落とす】

外壁を定期的に掃除することで外壁の美観を保ち、それと同時に汚れは塗膜の劣化の原因となるため清掃によって塗膜の寿命も延びることが期待できます。自分で外壁を手入れする場合、家庭用洗浄機があれば便利ですがホースで水をかけ、スポンジなどで軽くこするだけでも十分に外壁をきれいに保つことができます。

【劣化やトラブルがないかチェックする】

外壁のひび割れやカビの有無を定期的に確認することで、劣化を早期に発見できます。また、雨漏りを起こしていないか、トラブルの原因がないかチェックしましょう。早期の発見は、簡単な修繕作業で済んでしまい、特に見えにくい屋根部分については専門業者に依頼することで細かい部分まで美しい状態を維持できます。

上記の内容を行うか行わないかで塗膜が長持ちできるか変わってきます。今回は塗膜を長持ちさせる方法についてご紹介しました。皆さんもご興味あれば試してみてはいかがでしょう。