そろそろ塗装工事の予定…分かっていても費用がかかるため後回しにしたくなりますよね。ですが先延ばしにしすぎると大きな工事になってしまうため劣化の症状を見つけたら早めに工事をする必要があります。

今回は塗り替えするタイミングについてご紹介していきます。

チョーキング→チョーキングは外壁に触れると白い粉が付着する症状で塗膜が防水効果を失い、劣化を防ぐ役目を果たせていない状態になります。紫外線、雨水を通してしまうため外壁材を傷める可能性が高くなります。

色褪せ→外壁の色が薄くなりくすんだ色に変色してしまう症状です。衰えたような外観になり美観を失います。

カビ繁殖→劣化から外壁を守れなくなった塗膜は中身がスカスカで凹凸が発生しやすくなります。カビが繁殖しやすい場所になり成長や繁殖をすることで外壁材に悪影響を及ぼします。

この様な劣化現象が見られたら塗装を考えてください。補修工事がかさむ前に工事を行うことで金額を抑えた工事を行えます。今回は塗装が必要なタイミングについてご紹介しました。