外壁塗装の一般的な工事頻度は約10年とされていますが、各家庭や建物の劣化状態によって異なります。なぜ10年と言われているのかについて、以下の理由が考えられます。

【10年と言われる理由】

  • ①塗料の寿命が約10年➡現在、外壁に多く使用されているシリコン塗料の耐久年数は通常7~10年ほどです。そのため、約10年が経過する頃には塗膜の効果が薄れ、再度、塗装が勧められているからです。
  • ②新築の場合の劣化➡新築の場合、一般的にはアクリル塗料が使用されますが、約10年経過すると外壁に劣化症状が現れることがあります。これにはチョーキング、カビ、ひび割れなどが含まれ、これらの劣化が目につくと塗装の必要性が高まるからです。

これらの理由から、外壁塗装の一般的なサイクルが約10年とされ、劣化が進む前に定期的なメンテナンスが勧められています。今回は外壁塗装がなぜ10年と言われるかについてのお話でした。