住宅の塗装を検討する際、どの業者に頼むかは重要な決断です。数十万、数百万円以上の投資が必要な大規模な工事ですので慎重になる必要があります。中には金額を重視している方もいらっしゃいますが、単に安いからといって業者を選ぶことは注意することがいっぱいです。今回、安い工事に含まれる内容、注意点をお話しします。

*塗料の質

低価格な工事費用をアピールしていても、塗料の耐久性が短ければ、長期間建物を保護することは難しくなります。その結果、次の塗装メンテナンス期間も短くなるため、長い目で見たときに費用がかさんでしまいます。

*保証期間がない・短い

施工後の問題に対する修理や補償を受ける期間が十分でないことがあり最悪の場合、一切の保証がされていないこともあります。いざトラブルが発生した場合、対処してもらえないケースもあります。

*不適切な下地処理

塗装工事では外壁の汚れを取り除いたり古い塗膜を適切に剥がす「下地処理」と呼ばれる工程があります。この工程は塗膜が外壁にしっかり密着するために不可欠な作業です。しかし、この下地処理を省略し汚れた外壁に直接塗装されると表面は一時的に綺麗に見えるかもしれませんが後で塗膜が剥がれたり膨れたりする可能性が大きく、最終的に見栄えの悪い外観になってしまう可能性があります。

ここまで価格の安い工事についてご紹介しました。安さに魅力を感じやすいですが住宅のことを思うと長持ちする良い工事を行いたいものですね。