外壁塗装工事がどのように行われているか知っている方はいらっしゃいますか?中には工事の流れを知っている方もいれば全く知らない方もいらっしゃるかと思います。今回は工事の流れをお伝えしていきます。

⑴現場調査…見積依頼を頂いたら直接お家の大きさや状態を調査しにお伺いします。面積や劣化の状態を調査することで、必要な材料や足場を正確に把握し、工事の金額を適切に算出いたします。

⑵見積書作成・ご提出…現場調査で調べた住宅の大きさや状態を基に見積書作成を数パターン作成いたします。そして、出来上がった見積書はお客様に直接ご提出いたします。

⑶工事挨拶…ご契約完了後、工事を始める前にご近所の方々へ工事のご挨拶を行います。工事を行うことを事前に伝え近隣トラブルを防ぐことができます。

⑷足場設置…足場の設置は、一般的な戸建てでは半日から1日ほどの作業です。作業後は、メッシュシートと呼ばれる塗料の飛散を防ぐシートで家を覆います。

⑸高圧洗浄…外壁、屋根に付着した汚れを高圧洗浄機で落としていきます。汚れと一緒に古い塗膜なども一緒に落ちるため塗料の密着威力が高まります。

⑹下地処理…外壁材がひび割れを起こしていることもあり補修を行います。外壁を滑らかに仕上げ凹み部分を埋めたりしフラットな表面に仕上げます。

⑺塗装…外壁に塗料を塗布し均一に塗膜を作り上げます。塗料の乾燥時間を考慮し色ムラが出来ないように仕上げていきます。

今回は塗装工事の流れについてお伝えしました。この様な流れで住宅塗装は行われ、どの工程も耐久性を上げるために必要になってきます。