塗装工事を皆さんは何年おきに行っていますか?やはり工事周期が長い人がほとんどなのではないでしょうか?塗装時に使われた塗料によっても年数は様々ですが長いものは15年ほど長持ちするものがあります。外壁塗装の寿命は10年と言われていますがどのような効果があるのでしょうか?今回は10年おきに外壁塗装を行うとどんな効果があるのかお話していきます。

*美観の保持➡塗装工事を定期的に10年ほどで塗り替えることでキレイな外観を長期にわたって保持することができます。

*建物の保護➡塗膜にとって紫外線は天敵です。紫外線が当たり続けた塗膜は徐々に劣化してしまいます。劣化する前に塗装をすることで継続的に外壁を劣化から守ることができます。

*防水効果の維持➡塗膜は、経年や自然環境の影響で防水効果を失います。雨などで湿気が室内にこもり、外壁材に水分が浸透することで、室内環境や建物の状態に悪影響を及ぼす可能性があります。そこで、定期的な塗り替えやメンテナンスは、室内環境や建物の状態を良好に保つ効果があります。

*工事費用を抑える➡10年おきに工事をすることで建物が良好な状態を維持でき、補修工事や想定外の工事などの出費を抑えることができます。

今回は10年おきに工事することで発揮する効果についてお話させていただきました。定期的にメンテナンスを行うことで常に綺麗な状態を保つことができます。