皆さんはきちんと予定通りに塗装工事、メンテナンスを行っていますか?家は劣化が進んでも簡単に壊れないといって先延ばしにしてしまうと大変なことになります。家の劣化は目に見えるものと見えないものがあり現在どのような劣化が起きているか全てはわかりませんよね。今回は工事を先延ばしにした場合どのようなことが起きるのか解説していきます。

劣化の進行

工事を先延ばしにすると現状の状態から更に劣化が進行していきます。塗装工事を行うまでに日々紫外線や雨など当たり続け少しずつ劣化が積み重なります。ダメージに耐えられなくなった外壁や屋根が破損を起こしたりする可能性もあります。

美観の低下

目に見える劣化として色褪せ、ひび割れ、塗膜の剥がれ、カビやコケがあります。どれも美観に影響を与え見た目が悪くなり劣化を促進させる原因になります。

構造への負担

木造住宅や金属部分、雨水などが浸透した外壁材などが脆くなってくる恐れがあります。これは目では確認しづらいことから気づくことができません。家を支える柱などの腐食は地震などの影響に耐えづらくなります。

追加金額がかかる可能性大

工事予定が過ぎた後、いざ工事をしようと見積もりをお願いすると補修工事が必要になってしまっている可能性があります。塗装工事に加えそれに伴う追加の費用が発生することがあります。

このように工事を怠ったり先延ばしにすると将来的にリスクを背負うことになります。

追加工事で大きな修理工事が必要にならないように住宅のメンテナンスはしっかり行うようにしましょう。