皆さん水性塗料って聞いたことはありますか?“水性”と聞くと身近にあるもので水性マーカーをイメージしやすいですよね。水性塗料は水を主成分として作られた塗料で水性マーカーも同じ仲間になります。

◇水性塗料の特徴

先ほど水性マーカーを例として取り上げましたがご存知のように水性マーカーは使いやすく臭いを感じることがありません。油性マーカーのようにシンナー臭がしないことが特徴的です。水性塗料も同じで扱いやすく臭いを抑えた塗料になり最近では水性塗料を使った塗装工事が多くなってきているようです。

【水性塗料のメリット】

・乾燥が早い☛油分の多い油性塗料よりも塗ってから乾くまでが早いです。水分が飛んだ塗膜は密着し剝がれにくくなることで十分外壁の保護ができます。

・匂いが少ない☛元から臭いのない水を使っているため工事中に強い臭いを発することが少なく回りへの影響を抑える効果があります。環境にも身体にも優しい塗料になります。

・使いやすさ☛水で刷毛やローラーを洗っても次の工程ですぐ使えることから作業性を上げることが可能になります。また塗料の伸びも良くなるため使いやすい塗料になります。

【水性塗料のデメリット】

・油性塗料より耐久性に欠ける☛水性塗料でも十分な耐久性を持っていますが油性塗料と比べると耐久性が低いことが見受けられます。天候が激しい場所などには劣化が早まる可能性があります。

・塗装不可能な素材がある☛外壁の素材によって相性が合わないものが存在し様々な用途では使用できない塗料です。ご自宅によっては使用できないことがあります。

・冬場の施工は厳しい☛水性塗料は凍結に弱く冬の施工には向いていない傾向にあります。凍結してしまった場合塗料の品質が下がってしまう可能性があります。

今回は水性塗料についてお話させていただきました。次回、水性塗料の使い道と油性との比較をご紹介していきます。