同じ樹脂の塗料を使っても水を使うかシンナーを使うかによって水性と溶剤で内容が変わってきます。

今回はそれぞれどのような特徴があるのか解説していきます。

塗料は、樹脂、顔料、添加剤に加え水またはシンナーで溶いて作られています。

ではどちらの方が優れているのか?自分に合っているか気になりますよね。

水性塗料溶剤塗料
・耐久性は溶剤より劣る ・臭いが少なく環境に優しい ・壁への密着性は溶剤より低い ・保管が簡単  ・耐久性が高い ・塗装中や塗装直後、臭いが強い ・密着度が高い ・一定時間で乾きやすい ・価格が高い

このような特徴があり、どちらもデメリットが存在します。

近年では水性塗料を選ぶ方が増えてきています。耐久性や密着性は溶剤と比べると低くはなりますがその差は大きくは変わらないことから匂いも抑えられて一石二鳥だからではないでしょうか。

その他に塗装する外壁材による相性もありトタンや金属製の外壁には溶剤塗料が選ばれやすく劣化が激しい外壁にも使われることもあります。壁に直接塗るものなのでしっかりと密着する塗料は誰もが魅力を感じるでしょう。

このように同じ種類の塗料でも溶かして混ぜ合わせるものにより耐久性など少し変わってきますがどちらにも魅力を感じてくださった方はいらっしゃるかと思います。水性か溶剤で迷ってある方の参考になれば幸いです。ご自宅に合った塗料を選ばれてくださいね。