外壁塗装、屋根塗装にはそれぞれ役割があり美観の向上と家の寿命を延ばすのに重要な効果があります。今回は外壁と屋根塗装の働きについてお話していきます。

外壁塗装の効果

劣化防止➡外壁は年中外気に晒されているため紫外線や雨、強風などで劣化が進行していきます。塗装工事を行うことにより劣化の進行を止め、今後大きな工事をしなくてはならない、なんて事のないように必要になってきます。

家の健康と美観の維持➡表面に汚れや錆、塗膜の剥がれなど起きていると見た目が損なわれます。このような症状が出るのは塗膜が劣化している証拠なのです。家の健康と美観を維持するために塗装が必要になってきます。

防水機能➡家が腐食する原因に水分があります。外壁の上に塗膜を張ることで撥水したり外壁を水分からバリアしてくれる役割があります。室内に湿気を通すことも予防してくれます。

屋根塗装の効果

雨漏り防止➡雨が降れば前面に雨水が当たりやすい部分が屋根です。激しい劣化や損傷がなければ塗装工事で十分に雨漏れを防ぐことが出来ます。そのため定期的なメンテナンスが必要になってきます。

直射日光から守る➡日陰のない屋根は紫外線を浴び続ける時間が多く劣化が早まりやすいです。強い塗膜で遮熱効果を発揮して室内の温度を一定に保つ効果があります。

外壁、屋根塗装にはこのような効果が備わっています。どちらも同時に工事することによって家全体の寿命が延び、かかるコストも抑えることが出来るでしょう。次回は同時施工のメリットについて解説していきます。