現在サイディング外壁の住宅がとても多く存在しています。別の外壁材からサイディング壁に替えられたという方もいらっしゃるでしょう。

今回は人気を誇っているサイディング壁について説明していきます。

サイディングと言っても種類は1つではなく色んな種類があります。

窯業(ようぎょう)系、金属系、木質系、樹脂系の4つに分かれそれぞれ特徴も違ってきます。

窯業系サイディング

現在人気なサイディングの中で最も多く使われているのがこの窯業系サイディングです。色や柄の種類が豊富で様々なバリエーションの中からベストな外壁を選びたい方にお勧めの外壁です。デザインの自由が利くのも人気の理由でしょう。

金属系サイディング

遮熱効果や遮音性があり耐候性にも優れているためメンテナンスを定期的にする必要がなく別の外壁材からサイディングに変更したい方へお勧めです。窯業系サイディングほどの豊富なデザインはありませんが軽量なため自由に加工できます。

木質系サイディング

木の素材感や本物の木ならではのぬくもりを感じることの出来るのはサイディングの中でも木質系サイディングなのではないでしょうか。断熱性が高く熱を室内に通さない効果があります。デザイン性が高いため見た目を良く見せたい方へお勧めの外壁です。

樹脂系サイディング

変色しない素材の上、耐久性や耐震性に優れ凍害のある寒冷地にも向いている外壁材となっています。日本にはほとんど普及していないものなのでとても貴重な外壁になります。

サイディング壁と言っても色んな種類がありどれも違った特徴でしたね。今回はサイディングの種類や特徴を説明しました。

家を今後購入される方や外壁をサイディングに変えようと考えてある方の参考になれたら幸いです。