コーキングとは外壁材と外壁材の間の繋ぎ目のゴムのような部分を指します。そんなコーキングにはいくつか種類があるのです。

今回はコーキングの種類とどんな場所に使われているのか解説していきます。

コーキングの種類には

シリコン系コーキング、ウレタン系コーキング、アクリル系コーキングなどがあり、それぞれ内容が違うため特徴も変わります。

【アクリル系コーキング】

外壁や柱のひび割れ補修などに使われやすいコーキング剤です。コーキングの上から、塗装をすることも可能です。そのため下地処理などにも使われます。

ただ、耐久性が低いため揺れやすい場所には不向きな欠点もあります。

【ウレタン系コーキング】

モルタルやコンクリート壁のひび割れ補修やサッシ周りに使われることがあります。

密着性も高いため塗装下地の役目もあり色んな用途で使われることがありますが紫外線に弱くコーキングの上から塗装をする必要があります。

【シリコン系コーキング】

浴槽や洗面台などの水回りに適していて水分に強いコーキング剤となっています。

シリコン系コーキングはアクリルやウレタン系コーキングのように上から塗装することが出来ないため外壁塗装とは相性が悪いです。

『コーキング』とひとまとめで言われていますが種類があってそれぞれ違う役割があります。同じ建物に使うものですが、使う場所によって使い分けられているのです。