耐久性が良い塗料を使っていても塗膜の寿命はいつかはやってきます。

家を保護するために使われる塗料は紫外線や雨風から外壁の劣化を防いでくれているのです。今回は塗膜の劣化の原因と塗装工事が必要になってくる症状を解説していきます。

〇塗膜劣化の原因

・経年による劣化

塗料は月日が経てば経年劣化していきます。コーティングしていた塗膜にひび割れや剥がれが起きてしまいます。そうなると雨水を吸収しやすく、雨漏りの原因となってしまいます。

・天候による劣化

直射日光や外壁に強く当たる雨風は塗膜に大きなダメージを与えます。逆に日が当たりにくい部分は、日が当たらない分湿気が多く、カビや苔が発生しやすくなり塗膜を痛める原因となります。

〇劣化の症状

・色褪せ

色褪せは劣化し始めの症状で濃い色などは変化が激しく色褪せが目立ちやすいです。紫外線を浴び続け、塗膜を守る樹脂が劣化し始めて起こる症状なのです。

・チョーキング

チョーキングとは外壁に触れた時に手に白い粉が付く症状のことをいいます。塗料の成分が変化し塗膜表面が粉状になることで防水効果もなくなってしまうため塗り替えを検討するタイミングとしてよく挙げられる症状です。

・ひび割れ、剥がれ

地震などの揺れでひび割れを起こすこともありますが経年劣化や耐久性が失われたことで状態維持ができなくなり発生します。そこから雨水など侵入しやすくなり劣化が進行しやすくなってしまいます。塗膜がはがれてくることもあり外壁材が腐食したりする原因になります。

・カビ、苔

カビや苔が生えると美観を失うだけでなく壁に根を張るため外壁を痛め、腐食させていく原因となります。

家が劣化している症状や原因、少しでも分かって頂けましたでしょうか。ご説明させて頂いた症状の中で見たことあるものはありましたか?ご自分の家をもう一度しっかり見てみて塗装工事をご検討されてください。